半田で相続のことならご相談下さい。

半田で相続ことなら
2018年11月29日
> [半田 相続]

名古屋・半田の相続相談オフィスさんには今後もお世話になります

正直まだまだ若いと思っていて、遺産相続のことなど全く頭にありませんでしたが、先日長女から突然家にどのくらいの財産があって、私たち夫婦が加入している生命保険がどうなっているのか聞かれてビックリしました。
実は子供たちもデリケートな問題なので、これまで私たちから言い出してくれるのを待っていたみたいで、先日子供たちがたまたま集まった時に、テレビでまさにそのことについてやっていて番組を見て、自分たちから聞いてみることにして、その役目を長女が託されたことが分かりました。
確かに万一自分たちに何かあった時には、預金通帳も家の権利書も生命保険の証書などをどこに置いているのかも、その内容も伝えていなかったので、家はともかく、貰えるものも貰えなくなる可能性があることに気づかされました。
長女にはすぐに一通り説明したので安心していましたが、兄弟間でいろいろ揉めないように考えて、この機会に遺言書も作った方がいいと思い、この度名古屋・半田の相続相談オフィスさんのお世話になりました。
万一の時にはここに相談するように子供たちにも伝えて、今後もいろいろお世話になると思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。

名古屋・半田の相続相談オフィスで遺言書を作って終活の相談にも


67歳になる主人が、心筋梗塞で倒れて救急車で病院に搬送されました。
幸い一命は取り止めましたが、しばらくは入院生活を余儀なくされて、はじめて死について真剣に考えさせられました。
私も主人と同じ歳で、いつ何があるか分からないので、終活の一環として子供たちのためにも遺言書をすぐに作った方がいいと思い、主人が退院後に名古屋・半田の相続相談オフィスのお世話になりました。
終活の相談にも乗ってくれて、どうもありがとうございました。


PageTop