業者選びに役に立つ法律・士業に関連した業者をご紹介します。

法律コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年02月18日 [FAQ]

選ぶ弁護士によって結果が変わることはある?

就職したばかりの息子が交通事故に遭ってしまい、10対0ではありませんが、状況的には相手の方に非があることは確実で、慰謝料や医療費などを請求したいと考えています。
以前同じような経験をした知り合いに相談すると、それなら弁護士に依頼して交渉してもらった方が、賠償金を多くもらえると言われて、頼れる弁護士を探しているのですが、知り合いの場合はかなり前に彼の田舎で事故を起こしたので、そのときにお世話になった弁護士さんを利用することはできません。
弁護士によって賠償金の額などの結果は変わるのでしょうか?
そうだとしたら、この場合の弁護士を選ぶポイントを教えてください。


回答

依頼する弁護士によって結果は大きく変わる可能性が高いです。


交通事故に限らず、依頼する弁護士によって結果は変わることは十分に考えられることで、特に交通事故問題は、弁護士が取り扱う多くの案件の中でも特殊な領域と言えるため、依頼する弁護士によって結果に大きな違いが出る可能性が高くなります。
できるだけ多くの賠償金を相手から取りたいなら、交通事故に精通した経験豊富な弁護士事務所を探しましょう。
交通事故では、治療費以外にも、事故後の後遺症や、事故後に介護が必要になった場合の精神的苦痛、介護を行う親族の介護活動など、多くのことが賠償金の対象となりえます。
そのすべてを把握するには、弁護士に必要な法律の知識だけではなく、医療に関する知識や、過去に起きた交通事故に関する判例を調査し、それに照らし合わせて行動に移す実行力など、いろいろな要素が必要となります。
弁護士が扱う分野は多岐に渡りますので、普段から交通事故問題を数多く扱っていなければ、専門的な知識を身に付けることは難しいことは、法律に詳しくない方でも容易に理解できるでしょう。
特に交通事故を取り扱う場合は、医療的見地が必要であり、賠償金をアップさせるためには、治療内容や専門の医療機関で検査を受けさせたりなどのアドバイスができることなどの能力も求められます。
どんなに医療の知識があったとしても、強い交渉力がなければ、相手の交渉もしっかり進めることができません。
もちろん、調査能力や情報収集力も、高額な賠償金を獲得するためには必要となるため、多くのことが、交通事故問題を請け負う弁護士には必要となります
自分との相性も、信頼できる弁護士選びの大事なポイントとなります。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク