業者選びに役に立つ法律・士業に関連した業者をご紹介します。

法律コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年01月17日 [FAQ]

良い税理士の特徴と具体的な業務内容は?

昨年父から家業を継承しました。
父は健在ですが、もうサラリーマンならとっくに定年になっているし、体が元気なうちにしたいこともたくさんあるということで、まだ未熟な私のために、何かあれば助け船は出すけれども、これからは自分でいろいろ考えて、商売を発展させて欲しいと言われて、私も父の言葉のお陰でやる気が出ました。
以前からも考えていたのですが、これまでは従業員ということで社会保険に加入していましたが、家業を継いでからは私が個人事業主になり、今のままでは将来の年金に不安があるので、法人にしようと思っていて、これまでは父の知り合いの税理士さんに、決算のときだけお願いしていましたが、若くて長くお付き合いができる税理士さんと顧問契約をしようと思っています。
そこで質問なのですが、良い税理士さんの特徴と、顧問税理の決算処理以外の仕事内容を教えてください。


回答

無駄話が多い方が良い税理である場合が多いです。


長く付き合う顧問税理士とは、経営者との相性もとても大事になります。
したがって、まずは実際に会って会話をしてみましょう。
こちらからいろいろ質問する前に、積極的に税理士さんからしつこいくらい話をしてきてくれることが好ましいです。
無駄話が多いと思うくらいに、いろいろなアドバイスをしてくれる税理士が優秀であるケースが多いです。
面会して信頼できると思えるフィーリングも、税理士選びの大きなポイントになります。
税理士は決算以外に、税に関する業務を専門にしていますが、経営者の相談相手にもなり、経営コンサルタント的な役目も担います。
具体的には、メインの業務として税務監査があり、一般的には月に一度のペースで、会社の経理や帳簿を確認して、税法に則った正確な会計処理ができるかどうかを確認して、できていない場合は指導やアドバイスをしてくれます。
税務申告も税理の大事な仕事で、税務調査が入ったときには、その立ち合いも税理士の役目となります。
最近ではほとんどの整理士事務所が会計ソフトを使用していて、その記帳代行も税理士の仕事になりますが、あくまでも毎日の帳簿をつける作業は、事務員か経営者が行います。
役員報酬や給与の設定やアドバイスや、会社の資金繰りの相談や銀行からの融資に関する相談や必要な書類づくりも、顧問税理の仕事で、事業計画や経営計画を一緒にしっかり考えて作成くれる税理士が好ましいです。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク