業者選びに役に立つ法律・士業に関連した業者をご紹介します。

法律コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年09月18日 [FAQ]

交通事故で弁護士を利用するメリットと選び方は?

先日車を運転中に事故に巻き込まれてしまい、個人的には10対0で完全に相手が悪いと今でも思っているのですが、よほどのことがない限り完全に非がないということにはならないことを、相手の保険会社からも言われました。
示談交渉を迫られて、納得できる条件であれば私もそれに応じようとしていましたが、提示された条件があまりにも予想に反していたので、交通事故の経験がある友人などにも相談してみると、弁護士を雇った方が良いという意見が多かったです。
その方が金額的にもこちらが納得できるようになる可能性が高いということだし、相談料も無料で弁護士費用も成功報酬で対応してくれる事務所もあると聞いたので、すぐに行動に移そうと思っているのですが、交通事故の交渉に弁護士を入れるメリットと、間違いない弁護士の選び方を教えてください。


回答

示談金の額を大幅にアップさせることができます。


交通事故の交渉を弁護士に任せれば、相手の保険会社の身構え方も変わりますし、なめられることもなくなります。
それよりも、弁護士に依頼することで、「弁護士基準」が適用され、示談金の額を大幅にアップさせることができます。
実は、交通事故の損賠賠償金を計算する方法は3つあって、弁護士基準の他には、「任意保険基準」「自賠責基準」があります。
任意保険基準と自賠責基準はおおよそ似たような数字となりますが、その2つと比べると、弁護士基準で計算された金額は圧倒的に高くなります。
したがって、どんなに小さな事故でも、交通事故の交渉は弁護士に依頼することをおすすめします。
ただし、どの弁護士に依頼しても結果は同じになるということでなく、必ず交通事故問題を専門に取り扱っている交通事故に詳しい弁護士でなければいけません。
交通事故には様々な種類の損害が起こり、それぞれの専門的な方法で計算しなければいけません。
それに加害者の保険会社もいろいろな反論をしてくるので、それに対する的確な主張も必要になります。
交通事故は毎日のように起きていて、全国各地で多くの訴訟が行われているため、裁判所が下した判決などの事例をしっかり把握して、常に勉強を続けていなければ、優秀な交通事故問題に対応できる弁護士とは言えません。
依頼先の弁護士事務所を選ぶ時には、その点を事前にきちんと確認して、信頼できる弁護士を頼りましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク