業者選びに役に立つ法律・士業に関連した業者をご紹介します。

法律コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月15日 [FAQ]

公認会計士に任せられる業務は何ですか?

私は会社経営をしており会計業務がとても難しくて困っているのですが、そこで公認会計士のサポートを受けたいと思っており、そうすれば会計の業務をすべて任せることができるのではないかと思っています。
しかし、公認会計士が具体的にどういった業務を担当できるのかよく分かっていないため、公認会計士の行うことができる業務について教えてください。

回答

監査やコンサルティングといった業務に取り組めます


公認会計士のできる業務は法律によって定められているのですが、大きく分けると、財務書類の監査をすること、財務書類の内容を証明することの2つであり、これらの業務については公認会計士の独占業務とされています。
つまり、公認会計士以外にはこれらの業務を担当することができないため、公認会計士はその専門性の高さによって、自分だけの役割を果たすことができ、需要の高い存在となっているのです。
財務書類の監査だけでは、その書類の内容の正確さをチェックするだけですが、公認会計士はさらに内容の証明をすることができるため、これによって第三者にとっても意味のある情報を公開できるようになるのです。
公認会計士によって監査を受けて内容の証明を受けたということが、その情報の信頼性を高めることになり、このような重要な役割を果たすことを求められているのが公認会計士なのです。
具体的に監査業務とは何なのかといえば、それは法廷監査と任意監査の2種類があり、法廷監査とは法律にしたがった内容となっているのかをチェックすることであり、任意監査とは法律とは関係なく任意のタイミングで監査をすることです。
任意監査についてはいつでも行うことができるのですが、実際に公認会計士に依頼されるケースとしては、営業譲渡をするための準備のため、取引先の信頼性を調べるためなどがあります。
監査業務を行うことによって、会社の発表する財務情報の正しさを証明することができるため、社外に公表することになるデータの正しさを示すことができ、それは会社の評価にまで影響を与えるのです。
ただし、会社の評価にまで与える重要な業務である監査については、専門性が高く責任が重いため、しっかりと実績のある公認会計士に頼まないとミスが生じてしまうかもしれないため、この点は注意しましょう。
また、公認会計士は監査の業務だけを行うのではなく、コンサルティングを行っているケースもたくさんあり、企業の会計に関するプロとして、それぞれの企業の状況を分析して適切な助言を行うことができます。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク