業者選びに役に立つ法律・士業に関連した業者をご紹介します。

法律コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月09日 [FAQ]

弁護士事務所に相談に行くタイミングはいつですか?

良くテレビで、借金問題は一人で悩んでいないで法律事務所に相談しましょうと促すようなCMなども流れていますが、それを見る度に弁護士などに相談して、借金の問題から解放されたいと思う訳ですが、結局弁護士に相談すれば、債務整理をすすめられることは目に見えているし、あいにく私には戻ってくる過払い金もないことが分かっているので、起きている間は必ず借金のことが頭に過り、それがかなりのストレスや仕事の妨げにもなっています。
最近では返済が滞って貸金業者から催促がくることもあり、そろそろ限界が近づいていることも承知していますが、一般的に弁護士事務所に相談に行くべきタイミングと、債務整理によって発生するデメリットにはどのようなものがありますか?


回答

新たな借入れが必要な時はすぐに行動しましょう。


若い方であれば、結婚をするタイミングで、借金を整理するために弁護士に相談したり債務整理に踏み切る方も多くみられますが、借金の返済をするために、他社から借入れしなければいけない状況に追い込まれているなら、一刻も早く弁護士事務所に相談に行くことをおすすめします。
すでに何度か返済を滞っているということは、そのような状況に置かれている可能性も高いと思われますので、まさに今がそのタイミングではないでしょうか?
現在では、総量規制という制度があり、年収の3分の1までしか基本的に借り入れができなくなっています。
その理由はそれ以上の借金を抱えている場合は、経済的に破たんする可能性が高くなるからなので、借金が年収の3分の1を超えている場合は、迷わず弁護士に相談へ行きましょう。
借金問題で1年以上悩まれている場合で、一向に借入額が減らない場合も早めに行動に移した方が良く、仕事を失いそうになった時も、債務整理を行うタイミングと言えます。
債務整理をすると、これ以上借入れができなくなりますが、すでに返済を滞っているならすでにその状態になっているのではないでしょうか?
債務整理をしたことが周りに分かってしまうと、信用が落ちることもデメリットの1つです。
ただし、それを避けたくてギリギリまで苦しんでいると、最悪精神が崩壊して自殺に追い込まれるケースもあります。
もちろん命のよりも大切なものはありませんので、精神的なストレスがすでに大きな場合は、債務整理をして借金問題から早く解放されることを強くおすすめします。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク