業者選びに役に立つ法律・士業に関連した業者をご紹介します。

法律コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月08日 [FAQ]

優秀な税理士を選ぶポイントは?

脱サラして会社を興すことを決心しましたが、サラリーマン時代に今後十分にやっていけるだけの基盤は作り、貯えもあるので資金繰りも含めて心配はしていません。
しかし経営者としては一切経験がないので、そこをフォローしてくれる優秀な税理士を見つけたいと思っているのですが、顧問税理士を選ぶ時のポイントや見極め方はありますか?


回答

顧客目線で会社のことを考えてくれる税理士を。


良い税理士の条件はいろいろありますが、まずは気になる顧問料についてきちんと説明してもらえるかが大きなポイントです。
会社の経営状況をみて、儲かっていそうな顧客からは高額な顧問料を請求する税理士もいるので気を付けましょう。この点については、料金表をきちんと提示してくれて、適正な顧問料を請求するかどうかで判断すればいいでしょう。
もちろん決算対策をきちんとしてもらえるのかは税理士選びの重要なポイントで、決算直前になって対策しようとしても、節税対策や納税資金の準備なども間に合わなくなってしまう恐れもありますので、しっかり月次報告をしてもらえて、早めの対策をしてもらえる税理士を選びましょう。
税理士もサービス業であるという自覚を持っているかも大事なポイントで、きちんと顧客目線で会社のことを考えて、より良いサービスを追求してくれる税理士を選択しましょう。
こちらの言われたことしかやらないのではなく、提案力があることを確認してください。
優秀な税理士を見極めるためには、直接会って話を聞くのが一番ですが、この時に外見も確認して、あまりにもだらしない服装や立ち振る舞いをしているなら、面談を早めに切り上げて他を当たった方がいいでしょう。
仕事をきちんとしてもらうことが最も大事なことですが、税理士もサービス業で人と会う機会は少なくないので、人前に出て恥ずかしくないような格好や振る舞いをしていないと、そういう税理士を雇った方まで信用を失う可能性もあります。
自分と気が合うかどうかも大事なポイントで、信頼して長く付き合う顧問税理士は、気兼ねなく何でも相談できる方が良く、優秀でもこちらが遠慮して何も言えないようなことがないようにした方がいいでしょう。
はじめて会った時には、わざと難しい質問をしてみるのも良い方法で、自分の会社の業種において、どういった節税方法があるのかを確認して、それに対してすぐに回答できるかどうかを確認するのもおすすめです。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク